HOME > 記事一覧 > テレビCMの広告効果はどのくらい?100人にアンケート調査

テレビCMの広告効果はどのくらい?100人にアンケート調査

コラム

時代の流れとともに広告媒体の種類は増えていますが、マス4媒体は昔から広告効果が高い宣伝手法の一つであると言われています。なかでもテレビCMは多くの対象に向けて宣伝できるため、現在でも人気の媒体です。

今回はそんなテレビCMの効果はどれくらいあるのか、実際にアンケートをとって調査しました。その結果から分かること、考察できることなどをご紹介していきます。

※調査方法・・・インターネットアンケート(20~60代以上の男女100名)

 

テレビCM広告の効果はどれくらい?

はじめに普段見ているテレビ番組の間に挟まれるテレビCMを見て、広告としての効果をどのくらい感じるか聞いてみました。「高い」「やや高い」「普通」「やや低い」「低い」の5択で回答してもらったところ、次のような結果となりました。

テレビCMの効果は? 人数(人)
高い 23
やや高い 35
普通 10
やや低い 21
低い 11

テレビCMの効果は「やや高い」と答えた人が35%と一番多く、次いで「高い」と「やや低い」が同じくらいとなりました。

高いか低いかだけで合計してみてみると、少しでも効果が高いと感じている人は58%、少しでも効果が低いと感じている人は32%となり、テレビCMの存在感の高さが分かる結果となりました。

ここからは回答した方の意見を、回答結果ごとそれぞれご紹介していきます。

 

効果が「高い」と答えた人の意見

  • テレビCMは特に見ようと思って見るものでないので偶然見て興味を持つ人も多いと思います。又何度も見ると段々興味が湧いて来てその商品を試したいと思う人も多いと思います。そしてそのCM自体にインパクトが有るとそのCMの出来から商品が知られます。商品対象の年代に人気タレントを起用するなどCMには大きな力があると思います。(50代・女性)
  • やはりメディアに露出して、宣伝までされたら、効果はかなり大きいと思います。そして、宣伝されている商品ですと「あっ!これテレビで見た!」「CMしてたよ!」なんていう理由で、購入してしまう事も多々あります。 よって効果は大きいと思います。(30代・男性)
  • テレビ広告は他の媒体の広告と比べて信頼度が高い(30代・女性)
  • CMで見た商品は、身近な感じがしてお店で見つけると嬉しくなるからです。(30代・女性)
  • 特徴のあるフレーズや音楽などなどはいつまでも心に残るから。(50代・男性)
  • インターネット広告と違ってスキップ出来ないことと、幅広い年齢層に見られているので効果は高いと思います。(30代・男性)
  • 一度に大勢の人達が目にする広告なので、広告効果は高いと思われます。(40代・男性)
  • テレビCMは見ている人がとても多く、影響力が大だからです。(30代・男性)
  • 未だにテレビで取り上げられた店は、次の日行列ができたりするので。ネットのクチコミよりも即効性が高いと感じます。(40代・男性)
  • やっぱりテレビだ。CMもそうだが、番組内で紹介などしたら、実際に売り切れが続出する。やっぱりテレビだな・・と思うことが多い。それに流すCMも、効果は見込める。たが、作り方も影響するのかもしれない。(60代以上・男性)
  • テレビは日中殆ど付きっぱなしになっているので、ろくに見ていなくても繰り返し流されるCMは無意識のうちに覚えてしまい口ずさむことがある。(60代以上・男性)

なんといっても多かったのが「テレビを見ている人が多いから」という意見でした。インターネット動画サイトの普及によりテレビ離れが加速しているという話も聞きますが、それでもなおシニア層を中心にテレビを見ている(つけている)人は多いといえます。

また回答にもありましたが、テレビCMを制作し放送するには多額の予算が必要になります。テレビCMを流せる企業は大企業・信頼できる企業である、というイメージも広告効果の高さの裏付けとなっているようですね。

 

効果が「やや高い」と答えた人の意見

  • 何かを購入しようと思い、候補が何点かあった場合、まったく知らない商品よりも見た事がある商品の方が安心感があると思う為。(50代・男性)
  • 不特定多数の人に見てもらうにはまだまだテレビは影響があると思うので(50代・男性)
  • テレビCMで見かけたものを店頭で見つけて、購入したことがあるため。(30代・女性)
  • 好感度の高いタレントが起用されている場合が多いと思うので。(20代・男性)
  • 信用性があるから、購入したくなるから。(30代・女性)
  • どのようなCMかにもよるが、フレーズなどが頭から離れないこともあり、売り場に行くと「これ、CMでやってたものだ!」と思ってつい手にとってしまうこともあるので。(30代・女性)
  • インターネットで見る広告は印象に残りづらいがテレビは家族で話題にすることが多く印象にのこりやすい(30代・女性)
  • 若い世代の視聴は以前に比べ減ったが、まだまだ効果はあると思う。CMで流れた商品はそれ以外の商品よりも認知度が高い。(40代・女性)
  • ついつい気になるコマーシャルは観てしまうし、新商品を知る機会になるので効果は高いと思います。(40代・女性)
  • 子供なんかは、CMで釣られて「これ欲しい!」ということもしょっちゅうあるし、意外と音楽なんかも覚えていてCMのテーマソングなんかを鼻歌で歌っていることもあります。私も、お店で似たような製品があれば、これCMしてたなと思って、見たことがある方に手が伸びるので。(40代・女性)
  • テレビ画面はネットやスマートフォンよりもたいていは大きいので、視覚的に優位であると感じられるため(50代・女性)
  • 商品の広告効果というより企業に知名度があったほうが買うときに有利にはたらくから(40代・女性)
  • 日本国民の全年齢層からみると、まだテレビの視聴率は高い方だと思うので、単純な一般認知度と影響力だけで言えばテレビCMの効果は高いと感じます。ただ、近年では若年層を中心にYOUTUBEやネット放送など、地上波のテレビ離れが進んでおり、テレビCM効果が薄れているのも事実です。現状での広告効果を考えれば、高年齢層向けの広告はテレビ、弱年齢層向けの広告はネット中心にウェイトを置くと、ある程度のバランスがとれるのではないかと思います。(40代・男性)
  • 最近はネットを見た方が情報量も多く、事実ネットの口コミなどで商品を探す人が増えています。企業側もネット広告に力を入れている面もあります。テレビCMもある程度の影響力はあると思いますが、ネット広告の方が影響力が大きいと思います。そういった点を鑑み、やや高いとしました。(40代・男性)
  • マスメディアであることから、ウェブ広告と比べるとある程度の信頼性があり、効果もやや高いと思います。ただ、ターゲット、特に若い世代に対しては、それほど高くはないでしょう。(60代以上・男性)

テレビCMの効果が「高い」と答えた方の意見と通じる部分が多くありましたね。「見る人が多い」「信頼性がある」という理由がこちらも多く見受けられました。

一方で年代的にみると、テレビCMは若い世代への影響力はインターネット広告より下なのではないか、という意見もいくつかありました。商品のターゲットとしたい年代によって、広告の出し方を変えるという意見には、なるほどなと思いますね。

 

効果が「普通」と答えた人の意見

  • 人によると思う。興味を持つ人は持つものだし、どうでも良いと思う人も同様で、大勢いるから。(40代・女性)
  • 最近の若い人はTVを見ないので20年前とでは効果は薄くなっていると思うのですが、お金を持っている高齢者に的を絞ったCMを流せば効果はあると思うので、普通という回答をしました。(40代・男性)
  • 内容によっては効果が高いものもあるが、全く商品が印象に残らないCMが多すぎるので。(60代以上・女性)
  • CM中にトイレに行く人が多いので、しっかりと見ていない人が多いと思います。(40代・男性)
  • 知らなかった製品が目につく効果は間違いなくあると思う。しかし、テレビの視聴率・信頼度の低下によりその効果は昔程ではないはず。また、無駄に凝ってて何のCMなのか分からないものも多い。(30代・男性)
  • スマホ所持率が増加するにつれて、若年層を中心にテレビを見ない世代が増加し、興味を持つジャンルにパーソナライズされた広告を直接届けるインターネット広告は年々勢いを増している。しかし、テレビ広告は依然高齢者を中心に幅広く伝える圧倒的な数の力を持っている事は間違いない。(30代・男性)

「興味を持つかどうかは人によるところが大きい」という理由がいくつかありました。またこちらでも若い世代と高齢者の視聴率のバランスから「効果は普通なのでは?」と回答した人が多いことが分かりました。

 

効果が「やや低い」と答えた人の意見

  • お年寄りはいまだ「CMで見たやつ」とお店に問い合わせることが多いが、30代以下はネット広告や動画の合間の広告のほうが自然と目に入っていると思うから(30代・女性)
  • 社会全体的に、テレビの影響力が下降傾向にあるのが、まず一つの理由です。さらに、CMの流れる時間をお手洗いに使ったりする視聴者が多いので、あまり熱心に見られていない気がします。(40代・男性)
  • テレビをあまり視聴しなくなりました。効果は低いと思います。(20代・男性)
  • cmは見ていないから(40代・男性)
  • 録画して観ることが多くて、CMは早送りでスキップします。(40代・女性)
  • cmになると他局に変える(30代・男性)
  • YouTubeの台頭や、録画機能が充実したことにより以前より効果は無くなっていると思う。(30代・男性)
  • テレビを見る人が減り、ネット動画を見る人が増えてきてるから(20代・男性)
  • 我が家では番組を録画してCMは早送りする習慣があるため。(30代・女性)
  • 正直今はSNSに広告をうったほうが費用対効果が高いと思う。(20代・男性)

テレビCMの効果が「やや低い」と答えた人の多くは「テレビを見る機会が減ったこと」や「録画したものはCMをスキップしてを見ること」などを理由に挙げています。

そもそもテレビを見なければCMを目にすることもありませんし、ドラマなど録画したものを見る場合はCMをスキップして見る人も多いため、テレビCMの効果をあまり感じられないという意見も頷けます。

 

効果が「低い」と答えた人の意見

  • リアルタイムで視聴する人が減っているように感じるため。録画でのCMはだいたい飛ばされてしまうと思います。(30代・女性)
  • cmを飛ばすから(30代・男性)
  • テレビ自体見て無い(20代・男性)
  • CMの印象で商品を購入しても期待ハズだった場合は二度目の購入はないので、CMでイメージを作るのは意味がない。もう一つは、テレビを見る頻度が激減したのでCM自体を見る機会も減ってしまった。(40代・男性)
  • 商品の名前とタイアップ曲を流しているだけで、どんなモノで何が魅力なのかが全く盛り込まれていない。企画者のイメージ映像にしかなっていないものでは何も伝わらない。(40代・男性)
  • 若年層のテレビ視聴率を鑑みると低いと言わざるを得ない。(40代・女性)
  • テレビを見ることがなくなってきていることと、あまりにもしつこいCMは逆効果である(30代・男性)
  • 企業が思ってるより皆、CMは見てないんじゃなかと思うので。(40代・男性)

テレビCMの効果は「低い」と答えた方も「やや低い」と答えた方と同じような意見が多かったです。若い世代を中心にテレビを見ること自体が減ってきていることが今回のアンケート調査から分かりましたね。

30~40代の人も自分たちの世代や若い世代のテレビ離れを実感しているようです。

 

テレビCMは高齢層に効果あり!

テレビCMは昔からある広告手法で、信頼感からも現代においても効果が高いと感じている人が多いことが明らかになりました。しかし、これはテレビを見ることが多い高齢者層が中心となっています。

一方で若い世代は、メディアの多様化からテレビ自体を見る機会が減ってきています。ゲームをしたり動画サイトを見たりしていると、なかなかテレビCMを目にする機会はないでしょう。

高齢化社会の今はまだまだテレビは通用するメディアですが、将来的にもしかするとテレビというメディア自体の在り方が問われる時代がくるかもしれません。時代に合わせた広告手法・宣伝手法を考えていかなければならないのです。

 

おすすめ関連記事

アドトラックは効果があるのか?男女100人の生の声で検証!

 

アドトラックのご用命なら
ドリームプロジェクツにお任せ下さい!

営業担当の筒井です。
アドトラックを初めてご利用されるお客様でも、わかりやすく丁寧にご説明致します。しっかりとサポートさせて頂きますのでご安心下さい。

サービス詳細はこちら

新着記事

新着記事一覧