HOME > 記事一覧 > アドトラック広告でもっとも費用対効果が高い業種(2020年版)

アドトラック広告でもっとも費用対効果が高い業種(2020年版)

コラム

アドトラック広告でもっとも費用対効果が高い業種(2019年版)

アドトラックは近年消費者の認知度も高まりつつあり、さまざまな業種が参入しています。とはいっても、宣伝広告費をかけるからにはそれなりの効果が目に見えないと広告費の無駄になってしまいます。

アドトラックを利用しての宣伝が向いている業種、あまり向いていない業種などありますから、アドトラックの利用を検討する際には費用対効果を考えなければいけませんね。

今回はアンケート調査を行いましたので、その結果をもとに2019年現在で費用対効果の高いと思われる業種をいくつかピックアップしてご紹介していきます。

 

アドトラックで費用対効果が高いのは?

今回はインターネットアンケート調査でアドトラックに関する意見を募集しました。

「アドトラックを見たことがきっかけとなって、アクションを起こしたか」
「アドトラックの宣伝内容を覚えているか」

などの質問から、どの業種が消費者の記憶に残り商品購入や検索などを行ってもらえるのかをみていきたいと思います。

※調査方法:インターネットアンケート(20~50代の男女100名)

 

アドトラックを見てアクションとったことはある?

「費用対効果が高い」ということは、アドトラックを見たことがきっかけとなって消費者が商品を検索したり、購入したり、あるいはイベントに参加したりする確率が高いかどうか・・・ということにつながります。

まずは「アドトラックを見てアクションをとったことがあるか」という内容で調査を行いました。どのくらいの人が行動を起こしているのでしょうか?

アドトラックを見てアクションとったことはある?

アクションをとったことがある? 人数(人)
ある 24
ない 76

アドトラックを見たことがきっかけで、なにかアクションを起こしたという人は2割強という結果でした。

 

アクションが取られやすい業種

上記質問で「アクションがとられやすい業種」というのは、裏を返せば「費用対効果が高い業種」ということができます。回答でアクションをとったことが「ある」という人は、どんな内容のアドトラックを見たのでしょうか?「ある」と回答した24人の意見をまとめてみます。

アクションが取られやすい業種

業種・宣伝内容 人数(人)
アーティストのライブ・
新譜リリース
4
映画・ドラマ・アニメ 3
風俗求人(高収入バイト) 3
ロボットレストラン 2
家電 1
マンガ喫茶 1
パチンコ 1
保険 1
ユーチューバー 1

※24人が「ある」と回答していますが、具体的に内容を記入しているものだけデータ化しています。

それではアクションがとられやすい業種を1つずつ見ていきましょう。

 

アーティストのライブ・新譜リリース

  • アーティストのライブの告知を宣伝する内容のもので、それを見たあと当該のアーティストをネット検索してオフィシャルサイトなどを閲覧した。(20代男性)
  • アーティストのアドトラックだったと記憶しています。スマホで検索をした。家族や知人にアドトラックを見たことを伝えた。(40代・男性)
  • 星野源さんのアイデアの新曲の宣伝トラックでした。ずっと音楽を流し、全面に写真が貼ってありました。CD発売かと思い調べたらネット配信限定、とのことでした。(30代・女性)
  • 歌手の新しいアルバム、DVDの発売について宣伝していました。その歌手が好きだったので、スマホで発売日を検索したり、アルバムに何の曲が収録されているのか確認しました。アルバムをインストールしたかったので、インストール開始日を確認してアクションは終了しました。(30代・女性)

アーティスト・歌手などのライブ告知や新譜リリース情報は、アドトラックでの宣伝効果が抜群です。アーティストの写真やCDのジャケット写真をトラック全面に大きく貼り付けられたり、リリースする楽曲を大音量で流すことができたり、とアドトラックの利点をうまく活用できるためです。

好きなアーティストのアドトラックは、わざわざ待ち伏せして写真を撮るファンもいて、そこからさらにSNS拡散効果も狙うことができます。

 

映画・ドラマ・アニメ

  • 道路を走行してる七つの大罪のアドトラックを見ました。七つの大罪そのものを知らなかったのでスマホで検索しました。(40代男性)
  • 貞子の映画のプロモーションでした。トラックに貞子が乗っていました。私は怖い映画は見ないので、貞子は見ることができませんでしたが、アドトラックはインパクトがあって面白かったので、自分のFBに写真をアップしました。友人からの「いいね!」がけっこうありました。(50代女性)
  • ドラマの宣伝をしていました。面白そうだと思ったのでそのドラマを観る事にしました。(50代男性)

映画やドラマ・アニメなどのプロモーションも人気が高く、こちらもアドトラックの利点をうまく活用できる業種です。特に映画はLEDビジョントラックを使って動画配信を行ったり、回答にもあるように登場人物の3Dモニュメントを荷台に載せて走ったりと、さまざまな宣伝方法ができます。

 

風俗求人・高収入バイト

  • 「バニラ」の音楽が印象的だったので、何の企業なのか検索をした(20代女性)
  • 風俗求人の広告を見て、頭に残っていたので、お金がどうしても必要なとき広告の内容でネットで検索をかけました。(20代女性)
  • バニラ求人の歌が気になってユーチューブで動画を探しました。なんとなく風俗求人だとわかっていましたが歌のインパクトが強かったので歌について気になりました。(20代・女性)

風俗求人・高収入バイトでは、特に「バニラ」のアドトラックが有名ですね。インパクトが強くキャッチーな音楽が頭から離れなくなることで、世間の認知度も高いアドトラックです。

「うるさい」「下品」などという声もありますが、実際にお金に困った際に検索してみたという意見もあり、音楽の中毒性の高さが伺えます。

 

ロボットレストラン

  • ロボットレストランの宣伝でした。知らなかったためネットで検索しました。(20代女性)
  • 新宿のロボットレストラン?がすごく印象的で、後々にどんなところなのか検索をした。来店などにはつながっていない。(30代・男性)

ロボットレストランは、新宿にあるロボットキャバレーショーを行うレストランです。こちらのレストランでは、アドトラックの荷台に大きなロボットを載せて走行するという手法を行っていて、多くの消費者の関心を引きつけています。

ロボットレストランに限らず、飲食店の宣伝にもアドトラックは効果がありますが、やはり人目を引くなにかがないと、なかなか検索・来店までつながらないようです。

 

その他の回答

その他、少数の回答をご紹介します。

  • 後日そのマンガ喫茶を訪れた。(40代・男性)
  • ユーチューバーの水たまりボンドさんのアドトラックを見たことがあります。元々、ゲーム実況等でユーチューバーには興味があったので、どんな動画を投稿するのか気になり、検索しました。(20代女性)
  • パチンコ店の新装開店の宣伝が流れいて、後日、「そういえばたまに行ってみるか~」と思い出して店に行ったことが多々あります。(50代・男性)
  • 入院保険を案内するアフラックのまねきねこダックのアドトラックを見ました。まねきねこダックが可愛くて、とても印象に残りました。元々アフラックの保険には入っていたので、新しく発売された保険商品に見直しをしようかとインターネット検索しました。(30代・女性)
  • 3~4年前に新宿にて見たことがあります。確か除菌関係の家電製品で名前以外はっきりとしたものでなかったので、Googleで検索しました。(30代男性)

パチンコやマンガ喫茶もアドトラックでの宣伝に向いていて、トラックも多く走っています。

新しいところでは、ユーチューバーのアドトラックが気になりますね。アドトラックでの宣伝というと、企業を思い浮かべてしまいますが、ユーチューバーのような個人での利用もこの先もしかすると増えてくるかもしれません。You Tubeはとにかく数を再生してもらわないと収入につながらないので、「こういう動画もあるよ」ということを知ってもらうきっかけとしてアドトラックを利用するのもアリですね。

 

アクションを起こさなくても覚えている?

ここまでアドトラックを見てアクションを起こした人の意見をご紹介してきましたが、ここからはアクションを起こさなかった76人の意見をご紹介していきます。

アドトラックを見て、特に何もアクションを起こさなかったけれど、記憶に残っているかどうかを聞いてみました。

アクションを起こさなくても覚えている?

広告内容を覚えている? 人数(人)
覚えている 66
覚えていない 10

アドトラックを見て行動は起こさなかったけど、宣伝内容を覚えているという人は76人中66人ととても多いことが分かりました。アドトラックが消費者へ与えるインパクトの強さが分かる数字ですね。

「覚えている」と回答した人が、どんな内容・業種のトラックを見たのかいくつか意見をご紹介します。

  • キャバクラ美人茶屋の新規OPENや出会い系サイトの宣伝が多く、自分と関わりが薄い内容だったのでアクションはとっていません。(20代男性)
  • タイ式マッサージのアドトラックで隠微な感じがした記憶があります。(40代男性)
  • パチンコ店の宣伝でしたが興味がないので何もしませんでした。(30代女性)
  • 人気漫画を原作にしたスマホ向けアプリゲームのアドトラックでした。(30代男性)
  • 新しくできたキャバクラの宣伝カーでした。通りすがりの男の子たちは騒いで写メを撮っていました。(50代・女性)
  • 覚えています。ただ、出会い系アプリの宣伝だったので怪しいしアクションは起こしていません。(30代女性)
  • アクションは起こしていないが、アイドルグループの新曲のPRだったことは覚えている。(40代・女性)
  • K-popアイドルのアルバム発売を宣伝していました。(20代女性)
  • いわゆる水商売専門のバイト・就職斡旋会社の宣伝をしていたものを多く見かけた。その他には、アーティストの新曲リリースの宣伝、パチンコ屋の新装開店のものを見たことがある。(30代女性)
  • 女性向けの高額時給バイト(20代女性)
  • パチンコかパチスロの台か店の宣伝をしていました(40代男性)
  • 求人バニラ、女性用の求人なので男である自分には関係なさそうだから。(40代男性)
  • アクションはとった事はないが、内容はパチンコ店の新台入れ替え情報、キャバクラの求人情報などでした。(30代男性)
  • 詳細は覚えていませんが、タレントの何かのイベント(ライブ?)の宣伝でした。好きなタレントだったら嬉しくて写真をとったかも。近くにはファンなのか写メを撮ってる人がいました。(40代女性)
  • 出会い系サイトへの誘導の内容でした。ギャルっぽい女の子のキャラクターがドーンとトラックに書かれていたので、とてもインパクトがありました。サイトの名前は憶えていません。(40代女性)
  • よく渋谷や新宿で見かける、売り出し中の韓国アイドルのアドトラックを覚えています。そのグループの歌を流して、いついつに来日!みたいなことが書かれていたことは覚えている。(20代女性)
  • 一番多いのは映画の宣伝みたいなものだったかと思います。「ああ、走ってるな」と思ってジッと見たりはしますが、アドトラックそのものの珍しさに目が行ってしまって、広告内容までは頭に入ってきません。ただしアドトラックにもいろいろあると思いますが、立体物のオブジェが乗ってるやつ。ああいう立体物のアドトラックの方が広告効果は高いと思います。(50代男性)

商品を検索した入り購入する、または店舗に足を運ぶ・・・などの行動は起こさなくても、多くの人がアドトラックの宣伝内容を細かいところまで覚えていることが分かります。こちらもアクションを起こした人が見たものと同じジャンル・業種のものが多くありました。

最後にご紹介した50代の方の「立体物の方が広告効果が高いのでは?」というのは貴重な意見だと思います。一般的な広告をプリントして貼るアドトラックより制作費はかかってしまいますが、道行く人に与えるインパクトはかなりのもので、視覚的PR効果が高いものは高確率でSNSで拡散されます。一つのアイディアとして、宣伝手法に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 アドトラックは間接効果・累積効果も狙える!

アドトラックを見て、すぐには商品検索・購入といった行動を起こさなくても、その後宣伝内容を思い出し、なにか行動を起こす場合も考えられますね。このようにアドトラックを見てから一定期間タイムラグがあり、その後アクションを起こすことを「累積効果」と呼んでいます。

また自分はアドトラックを直接見ていなくても、誰かが撮影したものをSNSで見たことがきっかけとなり行動を起こすことを「間接効果」といいます。

アドトラックは、消費者に与えるインパクトがとても強いので、潜在意識に働きかけることができるのです。アドトラックを見て、すぐに行動を起こさなくても無意味にはならず、もしかするといつかそれを思い出しアクションをとる日がくるかもしれません

どんな業種でもアドトラックにかける広告費は無駄にならないでしょう。

 

費用対効果の高い業種以外もOK!

2019年最新のアンケート調査から分かった費用対効果の高いアドトラックの広告内容・業種をご紹介しました。アーティストのライブ情報・新譜リリース情報や、映画・ドラマ・アニメなどは消費者の受け入れもよく、アドトラックの視覚・聴覚に訴えかける宣伝手法にぴったりなので特におすすめです。

費用対効果の高い業種はもちろんですが、アドトラックには間接効果や累積効果を狙える力もありますので、その他の業種も積極的に利用してみてはいかがでしょうか?

 

アドトラックのご用命なら
ドリームプロジェクツにお任せ下さい!

営業担当の筒井です。
アドトラックを初めてご利用されるお客様でも、わかりやすく丁寧にご説明致します。しっかりとサポートさせて頂きますのでご安心下さい。

サービス詳細はこちら

新着記事

新着記事一覧