HOME > 記事一覧 > 中古のアドトラックを購入する方法と注意点

中古のアドトラックを購入する方法と注意点

コラム

中古のアドトラックを購入する方法と注意点

アドトラック(広告宣伝カー)を自社で所有したい場合、音響設備や照明設備がすでに整っているアドトラックの中古車を購入できると便利だと思いませんか?

 

中古のアドトラックは市場に出回っているのでしょうか?
これから自社用のアドトラックを所有したい企業の方は、ぜひ参考にしてください。

 

アドトラックを中古で購入する方法はある?

自社でアドトラックを所有したい場合、新車を購入する方法と中古車を購入する方法が考えられますが、車体のラッピング費用も考えると新車を購入するのはコスト的に厳しいというのが本音ではないでしょうか。

 

普通(荷物運搬が目的)の4トントラックで新車の場合、車体購入費だけで1,000万円を軽く超えてしまいます。
中古車なら同じ4トントラックで300万円前後で購入できますから、どちらを購入するかでかなり金額が変わってきます。

 

中古といっても、トラックのみを購入する方法と、すでにアドトラックとして走行していた音響・照明設備が整っているトラックを購入する方法が考えられます。
後者のようなものをそのまま利用できれば、コストの大幅削減が期待できるので理想的ですよね。

 

実際、アドトラックの中古車が市場に出回ることはあるのでしょうか?

 

基本的には市場に出回らない

4トンアドトラック

結論からいいますと、アドトラックの中古車がディーラーの中古車ネットなどの市場に出回ることは滅多にありません。

 

アドトラック自体、運送や工事車両として使用されるトラックにくらべるとその母数が少ないのが現状です。
さらにアドトラックの中古車は、アドトラック業者の独自ルートで売買されることが多く、業務提携を行っている業者間で取引が行われるため市場に出回らないという背景もあります。

 

では、アドトラック業者ではない一般企業がアドトラックを中古で購入したい場合はどうすればいいのでしょう?
確かに中古車市場で探し出すのは難しいですが、まったく見つからないわけではありません。

 

グーネットやカーセンサーという一般的な中古車市場には、基本的に出回らないと考えましょう。アドトラックの中古車を探したいなら、トラックや特殊車両を専門的に扱う業者(トラック王国など)で探すことをおすすめします。

 

とはいってもアドトラック自体の数が少ないので、トラック専門の市場でもタイミングによってはまったく出回っていない場合も考えられます。

 

アドトラックの中古車の相場

さきほど、中古のトラックの相場についてお話ししましたが、アドトラックの中古の相場はどのくらいなのでしょう?

 

 

このように一般的な中古のトラックよりも、相場が高くなっていることがわかりますね。
もちろん、この相場は登録年月、走行距離、音響や照明などどんなものが設備されているかによって大きく変わってきます。

 

アドトラックの中古車が出る背景

アドトラックの中古車が市場に出回ることは、とても少ないことが分かりましたね。それではアドトラックが売りに出されるときというのは、どういった場合なのでしょうか?

 

アドトラックを売りに出す背景として、以下の状況が考えられます。

 

 

このなかでも多いのは、今使用しているアドトラックを下取りに出して買い替える場合です。

 

アドトラック業者の廃業で中古車市場に出回ることは滅多になく、この場合業者間の独自ルートで売買されることがほとんどになります。

 

中古のアドトラックを購入する場合の注意点

アドトラックを中古で購入しようと考えている方に、いくつか気をつけてほしい点がありますのでご紹介します。

 

中古車サイト経由での購入はあり?

グーネットに掲載されている中古アドトラック
出典:グーネット

 

先ほどお話ししたように、ごく稀にですが中古車サイトにアドトラックが売りに出されることがあります。なかなか売りに出されることはないので、見つけたときはラッキーだと思います。

 

中古車サイトでアドトラックを購入する場合は、仲介業者を挟む形になっているので買い手がつくまでの諸経費や維持費なども価格に含まれます。その辺りも考慮した上で予算内に収まるのでしたらチャンスと思って購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

購入後に必要なこと

アドトラックの中古車は購入後にそのまますぐに走行することはできるのでしょうか?

 

答えはNOです。

 

アドトラックが売りに出されるとき、そのほとんどは装飾品や設備が取り外された状態になっています。
というのは、アドトラックの買い替え時に設備を外して買い替えたトラックに付け替えるからです。

 

ですから、購入を検討する車体にどんな設備・装飾品がついているのかを確かめてから購入しなければいけません。設備が足りないようなら、新たに装備が必要になります。

 

またナンバープレートを取得したら、その自治体でデザイン審査が必要になったり、走行時の許可証を発行したり・・・ということも必要になってくるので覚えておきましょう。

 

どうしても中古アドトラックが欲しいときは?

中古のアドトラックが市場に出回ること事体が稀である・・・ということがお分かりいただけたと思います。

 

どうしても予算の関係で中古で探したい場合は、中古車ネットで地道に探すアドトラック業者の方とコネクションを持つしかありません。

 

両者ともに時間がかかることは覚悟したほうがいいかもしれません。

 

お問い合わせはこちらから

アドトラックのご用命なら
ドリームプロジェクツにお任せ下さい!

営業担当の筒井です。
アドトラックを初めてご利用されるお客様でも、わかりやすく丁寧にご説明致します。しっかりとサポートさせて頂きますのでご安心下さい。

サービス詳細はこちら

新着記事

新着記事一覧