HOME > 記事一覧 > アドトラックは効果があるのか?男女100人の生の声で検証!

アドトラックは効果があるのか?男女100人の生の声で検証!

コラム

「アド=広告」とトラックが合体してできたアドトラックは、荷台に広告を掲載して繁華街を走行しながら、広告活動をするトラックのことです。

主にアドトラックを使用している業界には、以下のようなものがあります。

このような業界がアドトラックをを使用しており、近年では話題になるようなアドトラックで、SNSへの拡散を狙っているようなものも増えています。

そんなアドトラックに対して、広告を見た人はどんな印象を持ち、その後どうアクションを起こしているのか、調査しました。

企業の広告活動に、アドトラックの使用を検討している方は必見です。

アドトラックに効果はあるのか?実際に見ている人の声

アドトラックを、これから企業の宣伝として取り入れようと思っている担当者の方は、実際アドトラックを見て消費者がどう感じているのか知っておく必要があります。

アドトラックへの印象や効果をまとめました。
今後の広告活動の参考にしてください。

 

調査方法:インターネットアンケート
回答者:性別(男性38名・女性62名)年代(10~60代)

 

アドトラックに気付いたらあなたは広告を見ますか?

アドトラックに気付いたらあなたは広告を見ますか?【アンケートグラフ】

アドトラックに気付いたら見ますか?
(男女100名の回答)
宣伝内容にかかわらず見てしまう  74.0%
宣伝内容に興味があれば見るが、なければ見ない  20.0%
基本見ない  6.0%

アドトラックが通っていれば、つい見てしまうと言う人が約7割以上
興味のある内容であれば、9割以上の人が見るという結果になりました。

派手な外観と大音量で流される音楽は、人の視線を引き付ける効果があります。

よっぽど不快に感じている人でなければ、つい見てしまうのがアドトラックの特徴です。

 

アドトラックを見たらどの程度印象に残りますか?

アドトラックを見たらどの程度印象に残りますか?【アンケートグラフ】

 

アドトラックはどの程度印象に残りますか?
(男女100名の回答)
とても印象に残る  13.0%
印象に残る  27.0%
まあまあ印象に残る  43.0%
あまり印象に残らない  14.0%
印象に残らない  2.0%
全く印象に残らない  1.0%

印象に残るという人が、なんと8割以上!
アドトラックの効果が高いことがうかがえます。

しかし、印象に残ると答えた全ての人が好印象を持っているわけではありません。

アドトラックに遭遇した人が、どんな印象をもったのか詳しく見てみましょう。

<アドトラックのどんな点が印象に残りましたか? アンケート回答>

  • 某カフェの広告。
    キャッチーな曲と目をひく装飾。(30代女性)
  • 女の子のための求人広告。
    明るく綺麗な装飾。 (30代女性)
  • キャバクラ?と思われるお店の宣伝。
    お店の女の子たちの写真が大きく出ていたので印象に残りました。(50代女性)
  • 求人媒体のアドトラック。
    頻繁に見かける。(30代男性)
  • 好きなアイドルのCD発売を知らせるアドトラックは嬉しかったので印象が強いです。
    理由としてはトラックに印刷された大きなそのアイドルの画像が見れるし、新曲が流れているからです。(20代女性)
  • パチンコ店のアドトラックです。
    理由は、宣伝するしゃべり方に特徴があったからです。(50代男性)
  • キャバクラ営業。
    音がうるさかったため。(30代男性)
  • 派手な車だなというのが一番の印象。
    でも自分に合うものの広告は見たことがない。(40代女性)

印象に残ったと回答した人の中には、好印象の人もいれば「うるさい」など悪い印象を持っている人もいます。
全ての人が、アドトラックを好印象で見ているわけではなさそうです。

では、印象に残らなかったと回答した人は、アドトラックに対してどんな印象を持っているのか見てみましょう。

<アドトラックが印象に残らなかったのはなぜですか? アンケート回答>

  • すぐ忘れてしまうから (30代女性)
  • 音が鳴るので、なんだ!?と思って一応見ます。けど、この宣伝は逆効果な気がします。騒音と認識されやすいと思います。人通りのかなり多い通りで有名アーティストの新曲を流したトラックを見たことがありましたが、アーティストの印象が悪くなりました。(30代女性)
  • 特に記憶に残りませんでした。(40代女性)
  • 音を流しながら走っているアドトラックについては目で追うことがあるが、それ以外は基本的に見ない。(30代女性)
  • 正直なところ、ここまでしなくても…と思います。また、こういう広告はお金がかかりそうだな…とも思います。あっという間に通り過ぎるので、あまり記憶に残らないです。でも、信号待ちで自分の前で停止していたらゆっくり見られるかも。(50代女性)

アドトラックのマイナスポイントとしては、広告側も見る側もどちらも移動していることが多い点です。
派手で視線を持っていかれることはあっても、じっくり広告を確認できないことがあります。

また派手すぎることで引いてしまい、広告をじっくり見ようという気が起きないという心理もあるようです。

派手さや音量は、アドトラックを使用する上で重要なポイントになるようです。

 

アドトラックを見て実際に購入や来店、検索をしたことがありますか?

アドトラックを見て実際に行動を起こしましたか?【アンケートグラフ】

アドトラックを見て実際に行動を起こしましたか?
(男女100名の回答)
ある  13.0%
ない  87.0%

数字でみると、アドトラックを見て行動を起こした人は少ないように感じます。
しかし、100人中10人以上が、広告を見たのをきっかけにアクションを起こしたと考えると、悪い結果ではありません

実際に、アドトラックをみて行動を起こしたことのある人とない人、どのような気持ちだったのか生の声を見てみましょう。

<アドトラックを見て行動を起こしたことがある人のアンケート回答>

  • アーティストのアドトラックを見かけて、新しくリリースされるCDやライブの情報を検索した。(30代男性)
  • お店に行ってみた。(40代男性)
  • DVDを買った。(20代女性)
  • サーカスの宣伝だったので、子供が見たいと言っていたので、見に行きました。(40代女性)
  • どんな会社なんだろう?と疑問に思ったから検索しました。(10代女性)
  • 新宿の○○レストランに行きました。(30代男性)
  • 写真を撮った。(40代女性)

こうして見ると、アドトラックは消費者に行動を起こさせる起爆剤にはなるようです。
また見た目が派手だったり面白い場合は、写真に撮りSNSにアップする人も増えるので、そこからの宣伝効果も期待できます。

それでは、行動を起こさなかった人の意見もチェックしておきましょう。

<アドトラックを見て行動を起こしたことはない人のアンケート回答>

  • 特に気を惹かれる内容がなかったため。(30代女性)
  • 本当かどうかいまいち信じれないため。(20代女性)
  • 印象に残ったり、情報を知るきっかけにはなるが、興味のあるもの以外は購入したりしないのでアクションは起こしませんでした。(20代女性)
  • 信号待ちのところを通りすぎて行ったため、内容を確認する時間がなかったから。(20代女性)
  • 内容を理解する前に通り過ぎてしまうので、具体的なアクションを起こしようがない(30代男性)
  • アドトラックをよく利用している業界に興味がない。(20代男性)
  • 求人や化粧品の広告しか見たことが無いから。(20代男性)

興味のない広告の場合は、当然アクションを起こすきっかけにはなりません。
特に20代の女性に多い意見としては「信憑性が薄いように感じる」という声です。

これは、アドトラックをよく利用している業界の中に、水商売関係が含まれていることが原因のひとつです。
また、出会い系アプリの広告も増えているので、そういった業界にいい印象を持っていない人は、広告に対しても同じ印象を持ちます。

アドトラックを使用する場合は、ただ派手にするだけではなく、信頼されるようなデザインにすることも大切です。
音や広告の見せ方を工夫することで、より宣伝効果をアップし購買意欲を掻き立てることが可能です。

あなたが印象に残っているアドトラックを教えてください!

これからアドトラックを導入しようと考えている方は、実際どのような広告が印象的だったのか分かれば、今後の検討材料になるのではないでしょうか?

消費者が今までに印象に残ったアドトラックを教えてもらいました。

<アンケート回答>

  • 音楽グループのアドトラック。
    理由:知らない曲でしたが、リズムを短時間で覚えてしまったから(20代女性)
  • 韓国俳優を使ったパチンコ店のアドトラック。
    かなり狭い範囲を回っていたので、1時間ほどで何回も遭遇した。(40代男性)
  • レッドブル。
    車のかたちが可愛かった(40代女性)
  • アイドルグループの宣伝。
    モニターから動画と音楽が流れており、静止画の宣伝と違って耳と目から情報が入って来るので印象が強く残った。(50代男性)
  • 好きなゲームのアドトラック。
    毎日遊んでいるゲームの絵柄だったので印象に残っている。(20代女性)
  • 高収入の求人広告
    理由としては、派手なネオンと音楽が流れていたから。(40代男性)
  • 成人男性向けの映画館のアドトラック。
    どぎついピンク色系で、写真などはないですが、かえって何の宣伝だろうと見入ってしまったのと、見入った後で一緒にいた家族と気まずい雰囲気になったから。(40代女性)

印象に残ったものの中にも、好印象のものやそうでないものがあります。

派手にすることで目を引けますが、それが不快に感じる人もいます。
広告とは得てしてそのようなものですが、アドトラックは特に工夫が必要な広告と言えそうです。

アドトラックの効果は使い方次第で高めることが可能!

外側から強制的に入ってくる広告は、その広告自体の問題もありますが、遭遇した人の性格や見たときの状況も大きく関係します

仕事で疲れている人や悩みがある人にとっては、大音量の広告は不快に感じます。
しかし、良いことがあった日に見ると「派手で面白い」と好印象を受けやすくなります。

それぞれの感情を考慮していると、広告活動は難しくなります。
しかし、不快に感じさせない工夫も必要です。

音量や広告の質によっても見る人の印象は変わるので、その点を考慮して広告を考えれば、じゅうぶん宣伝効果を高めることはできます!

 

お問い合わせはこちらから

アドトラックのご用命なら
ドリームプロジェクツにお任せ下さい!

営業担当の筒井です。
アドトラックを初めてご利用されるお客様でも、わかりやすく丁寧にご説明致します。しっかりとサポートさせて頂きますのでご安心下さい。

サービス詳細はこちら

新着記事

新着記事一覧