HOME > 記事一覧 > 走る広告【アドトラック】の料金・その相場は?

走る広告【アドトラック】の料金・その相場は?

コラム

走る広告【アドトラック】の料金・その相場は?

街中を走る派手なトラック。近年よく見かけるようになってきましたね。
このトラックは広告宣伝カー「アドトラック」と呼ばれるものです。

トラックまるごと1台を広告でラッピングすると注目度は絶大!・・・ですが、そのお値段が気になるところですよね。今回はアドトラック会社の料金・相場をご紹介します。

【注目度絶大】アドトラックの料金・相場を徹底調査!

アドトラックとは広告(ad)とトラック(truck)を掛け合わせた言葉で、いわゆる広告宣伝カーと言われるものです。

広告宣伝カーというとバスやトラックを広告でラッピングしたものをイメージする方も多いと思いますが、アドトラックは夜間でも広告面が光ったり音響システムも搭載していたりするのでラッピングバス・ラッピングトラックよりも宣伝効果が高いといえます。

アドトラックの活用例としては、企業の広告や新商品などのPRはもちろん、ウェブサイトやアーティストの新譜情報・コンサートなどの宣伝など多岐にわたります。新店舗オープン時やイベント告知に使用する例も多いです。

人通りの多い場所を走ることで目に留まる機会が増え、情報を簡単にPRすることができる近年注目度が高まりつつある広告媒体なのです。

さて、気になるのはそのお値段ではないでしょうか?相場をチェックしていきましょう。

 

アドトラックのイメージ

アドトラックの料金は何で決まるの?

アドトラックの料金は、次の項目で変わってきます。

これらがすべて料金に含まれている場合と、別途料金が発生する場合があるので、その辺りは各アドトラック会社の料金設定を注意してみていく必要があります。

車両サイズと相場

アドトラックにはいくつかのサイズがあります。それぞれの車両ごと相場をチェックしてみましょう。

 

4トン内照明式

3日 850,000円
7日 1,000,000~2,000,000円
10日 1,450,000円
20日 2,000,000~2,300,000円
30日 3,150,000~4,000,000円

アドトラックの中でも最も人気なのが4トンタイプ。全長が約9mあるので、大型広告と音響効果で目を引くのに充分なサイズともいえるでしょう。

アドトラック4トン内照明式

 

40フィートトレーラー

7日 3,500,000円
14日 5,800,000円
30日 8,000,000円

40フィートトレーラーは広告面が40フィートあります。もっともポピュラーな4トンタイプのものよりも広告面が広いので目を引きやすいのが特徴です。

 

2トン内照明式

7日 600,000
14日 800,000
20日 1,000,000
30日 1,2000,000

トラックタイプでは一番小さな車両にあたるのが2トンタイプ。全長約5mほど。小回りが利くので大型トラックが通行不可能な狭い路地なども回ることができます。地元密着型の店舗の広告におすすめです。

アドトラック2トン内照明式
出典:wikipedia

その他必要になるものの相場は?

先ほどもお話ししたように、アドトラック会社ではデザイン費や人件費、道路使用許可申請費などの必要になる費用を料金に含めている場合とそうでない場合があります。料金に含まれない場合はどのくらい費用がかかるのか、相場をみていきましょう。

 

デザイン費

4トン 150,000~200,000円
2トン 100,000~150,000円

デザイン費は側面に両側共通のものを使うか、左右で別のものを使うかによって料金が変わってくる場合があります。

自分でデザインしたものを持ち込む場合、持ち込み料が発生する場合もあるのでご注意ください。

 

音源製作費

音響があるかないかでアドトラックへの注目度は違ってくるといっても過言ではありません。音源製作費の相場は30,000~100,000円となっています。持ち込みの楽曲を使うか、業者所有の著作権フリー音源を使うかによっても異なります。

こちらもデザイン料と同様、自分で作成した音源を使用することも可能ですが、持ち込み料が発生する場合があります。

 

道路使用許可申請費

アドトラックを一般公道で走らせるためには走行するルート(道路)を管轄する警察署へ道路使用許可申請を行うことが義務付けられています。アドトラックは4号許可(お祭りやイベント、ロケーションなどをする場合)に該当し、申請費は2,100円~2,500円と警察署によって多少金額差があります。許可期間は2週間~1ヶ月と地域によって異なります。

アドトラックを運用している会社では、この道路使用許可申請費を代行して取得してくれる場合もあります。その場合の相場は約15,000円となっています。

 

デザイン審査済証発行手数料

東京都では街の景観を損ねる恐れのあるアドトラックの運行を禁止しています。これは2011年に改訂された東京都屋外広告物条例施行規則」によって定められているのをご存知でしょうか?公益法人・東京屋外広告協会がデザインやコピーについて審査を行い許可が下りれば運行可能となります。

アドトラックは「バス又は電車の車体利用広告で長方形の枠を利用する方式によるもの 以外の車体利用広告」に該当しますので、1台につき1,950円(1年以内有効)の手数料が発生します。

アドトラックの宣伝効果は?

このようにアドトラックにかかる費用の相場をチェックしてみると一見高そうに感じてしまうかもしれません。しかしテレビのCMや大型ビジョン、新聞への広告掲載などと比較するとそこまで高くはありません。

このように広く一般を対象とする広告はかなりの費用がかかります。

特にテレビCMは視聴率も大きく関わっていて、15秒の放映1回あたり80,000~150,000円×視聴率=CM料金となっているため、視聴者の多い番組を狙うとかなりの費用がかかることになりますね。また、このほかにCM製作費も加算されるのでその費用は相当なものになるでしょう。

しかしアドトラックは必要な時間だけ、必要な場所だけ・・・と宣伝対象をピンポイントに絞って効果的にアピールすることができます。最近ではテレビを見ない人、新聞を読まない人が増えていますから、歩いているときや車を運転しているときに、ふと目に入るアドトラック広告は有効な広告掲載手段といえるでしょう。

ドリームプロジェクツのアドトラックは業界最安値!

アドトラックのドリームプロジェクツ

ここまでアドトラックの料金相場をご紹介してきました。アドトラックの費用は一昔前に比べると、かなり価格帯が低くなってきています。

アドトラック事業を展開している企業はいくつかありますが、そのなかでもおすすめなのがDreamprojectsです。

Dreamprojectsではアドトラックで人気の4トンタイプと、キリン柄が目を引く軽車両タイプを扱っています。どちらも360度全面広告を配置することが可能で、広告の配置パターンも多数あるため、そのなかからより宣伝効果の高いものを相談しながら決めることが可能です。

また音響にもこだわっていて、クリアなサウンドでお馴染みのBOSS社のスピーカーを使用してアピールします。迫力ある音響と画面で遠くまでPRできますよ。

提供期間は1日~で業界最安値で提供中ですので、ぜひお問い合わせください。

 

お問い合わせはこちらから

アドトラックのご用命なら
ドリームプロジェクツにお任せ下さい!

営業担当の筒井です。
アドトラックを初めてご利用されるお客様でも、わかりやすく丁寧にご説明致します。しっかりとサポートさせて頂きますのでご安心下さい。

サービス詳細はこちら

新着記事

新着記事一覧